記事詳細ページ

ラ・フランスのシロップ煮

【1】ラ・フランスを4等分にカット

菓子作りを学んだ頃・・・
洋梨を煮る時はいつも1/2カット。
今回は作り易さを考えて1/4カットに。

【2】芯と種をカット

軸からのびた芯の部分と種をたっぷりめにカットします。

【3】皮をむきます

専用のピーラーを使うと表面がなめらかにむくことができます。
ナイフでむいてももちろんOK!

【4】お鍋に放射状に並べて、シロップをひたひたになるくらいまで
厚手のお鍋に種がある面を上に並べるのがポイント!

菓子作りを学んだ頃・・・・
洋梨を煮る時は並べ方は種がある面を下に。
ぷかぷか浮いた表面が変色しないように逆さまに並べるのがフルッティア流♪

ワインを加えてもgood!
ワインの分量はシロップの1/3がめやすです。

<基本のシロップの作り方>
 果糖   400g(すっきりした甘さの果糖がおすすめです)
 お水   1リットル

 (1)お鍋に材料を入れてよく混ぜます。
 (2)中火にかけて果糖が完全に溶けたら出来上がり。
 

【5】オーブンシートで空気が入らないように落とし蓋をします

空気にふれると茶色に変色してしまいます。
美しく仕上げるために欠かせません!

【6】中火でコトコト

火加減が強いと煮くずれしてしまいます。
コトコトやさしく煮ていきましょう。

【7】表面は透明に、中心部はやや白っぽいくらいで火を止めましょう

ラ・フランスの熟し方によって、火にかける時間が異なってきます。
固めの場合は煮くずれする心配が少ないでしょう。
食べごろの場合は香りよいシロップ煮に仕上がります。

火を止めたら、お好みでほんの少しのお酒を加えると
ぐっとお味に深みが出ます。
できればポワール酒がおすすめです。
※お酒は”ほんの少し”がポイントです!
 「ほんのり香りがする」くらいが適量です。
 

【8】予熱で火が通って出来上がり!

空気に触れないようにラップをして、
冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間は1週間から10日です。
冷凍保存もできますが、解凍するとやわらかくなります。
 

アイスクリームを添えて・・・

ちょっとグレードアップして、
おもてなしにもぴったり!

ヨーグルトと一緒に♪

プレーン(無糖)のヨーグルトにシロップ煮が加わると
ほどよい甘さです。
シロップ煮のラ・フランスをフードプロセッサーに
かけると無添加ジャムに早変わり。

カットして加えても、ジャムにして加えても。
お好みでお楽しみください。
 

カナッペ風もおすすめです。

軽くローストしたフランスパンに
カマンベールチーズとジャム状にしたシロップ煮をのせて。。。

チーズの塩気とシロップ煮の甘さが
絶妙のハーモニーです♪

ワインのお供にぜひどうぞ・・・
 


今が旬 《ラ・フランス》 のおすすめ商品はこちら


2012.11.01

Access 4,547,417pv (2008.05.19〜) Today 14pv Yesterday 1,094pv Contents 510pages